幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんで現実的にゆるーくV6ファン活動をする人のブログ

メンバーがメンバーを魅せる!V6 LIVE TOUR 2008 VIBESコンDVD感想☆Disc1☆

V6 LIVE TOUR 2008 VIBES。
昨日ざっくりおすすめポイントだけの記事を公開しましたが、
DVDの感想をちゃんと述べたいと思います。


☆ご注意☆
公平に見ているつもりではありますが、
当方は長野くん担健くん推し、トニセン寄り、坂長推し、
おさわり・かわいい・わちゃわちゃ好きである都合上、
視点が大幅に偏っている自覚があります。
またボキャ貧な上にダンスと音楽的なものはド素人ゆえ
抽象的で意味わからないことを頻繁に言い出します。
ご了承くださいませ。

OP、早速「ぅわぁかっこぃ…」と言ってしまうくらいには
やっぱりどうしても長野くんが好きです。

そして1曲目NEXPLOSION、長野くんの「Let's go!!」
くっそかっこいい。

言葉が綺麗でなくてたいへん申し訳ないけど、
かっこよすぎてついつい。

10回くらい聞かないと先に進めません。ついつい。

ほんとは先に剛くんも「Let's go!!」言ってて
それももちろんかっこいいんだけど、
ここの長野くんが失神レベルでかっこよすぎて、、、
ああ、岡田くんの「come on!!」もくっそかっこよ…
始まったばかりだというのにいきなり何回も死亡します。

最近はずっと准ちゃん准くん呼びがマイブームだけど、
VIBESコンの頃はかっこよすぎて
岡田くん呼びが一番しっくり来るのでそうしておきます。

いい感じにえろい曲です。危険な香りがする。
荒めの吐息みたいなボイス入ってて艶かしい。

(゚ー゚)準備はいいかあっ!
(´ε`)ラぁストだぞおぉーっ!!
(゚ー゚)い゙くぞお゙あっ!!!

雄叫びを上げる岡田准一。
最っっ高にワルイ!!!
ちょーーーオラついててめっっっちゃワイルド。
なんなんすかあれ。
ドキドキしちゃう。超カッコイイ。惚れる。

2曲目DIVEです。
飛び跳ねながら回る坂本くんがなんかいい。
髪の乱れ方がそこはかとなくセクシーでよいです。
クラブっぽい。行ったことないけど(笑)イメージ。

歌い出しを終えた長野くんが振り返った次の瞬間
カメラをガシッと掴んでさっとお顔を近づけます。
死にます。

えっキスすんの?
って毎回錯覚する。(ただの変態)
不意打ちのキスみたいな感じ。
長野くんにしてはちょっと強引な感じですごくときめく。
去り際の表情まで完璧です。王子様、、、
(※脳内補正のかかった個人の感想です)

剛くんも両手でカメラ挟んでスマイル。
これで落ちない女いる??????

岡田くんの叫びからここまでが好きすぎるあまり、
何回も戻して見ちゃうので全然先に進めません。いつも。
人生は有限なので10回くらい観たら次に行きますが、
続いてはソロダンスとともにメンバー紹介です。

当然ながらメインの人以外は照明の関係で見えにくいけど、
周りでアクロバティックな動きをしてます。
雰囲気だけでもかっこいいです。

(゚ー゚)We are!
(●●)(^▽^・)(´ε`)(仝_仝:)(・△・)(゚ー゚)V6!!!

むっちゃかっこいいです。
ほんと岡田くんぎらついてて最高。
どうしたのってくらいぎらぎら。
ここだけの話だけどあなたね
約10年後にはまったく逆方向にやばいことになってるわよ。

ぎらつく岡田くんにドキドキしていると、
流れ出すのはBelieve Your Smile。
ギャップ
かわいくなっちゃった。こういうとこ好きです。
もっと違う言い方ある気がするけど、緩急。て感じ。

あー長野くんのぶんぶんお手振りすっごいかわいいな~。
メンバー紹介中のアクロバット後から前髪のてっぺん?あたり
しばらくの間ちょっと髪がくしゃっていうか
ぴょこんってなっちゃってる長野くんがほんと愛おしい…

とか思ってたら井ノ原くんと岡田くんが「せーのっ!」って
声かけてる時にほっぺに手を当ててる坂本くん
かわいすぎなにあれ。
一瞬の虫歯ポーズ。(ちょっと違うしこれもう死語?)

ジャンピングハイタッチする井ノ原くん&剛くん、
Good Good Good Days!でお尻ふりふりする健くん、
超かわいくてはげそう。
あれ目の前でやられたい。

翼になれの「立ち向かうたび~」で
思いっきり鼻こすっちゃう井ノ原くんも好き。

花道並んで「オイ!オイ!ヽ(゚ー゚)(´ε`)ノ」ってしてる
井ノ原くんと岡田くんを見てると、
なんだか「いいコンビだよな~この2人~」って思う。
いつも。なぜか。なんとなく。

すね毛をアピールする井ノ原くんと爆笑する長野くん、
好きだ、夕ドロ。
男の子。って感じ。これもなんとなく。

薔薇のお衣装にお着替えです。森コレ。
袖なしの健くん腕白い…。

剛くんのソロコンの話になって、
「見に行くよっ。必ずっ。なにがあってもっ」
と小声で謎に圧のある言い方をする長野くんが笑える。
井ノ原くんが「みんなで行こうぜっ」て言って健くんが同意、
「揃って行くよっ」とまた妙なプレッシャーをかける長野くん。
なんなんでしょう。笑

へへって笑って「来てよ。」とデレる剛くん
超かわいくて死にそう。

(´ε`)俺たちはいつも一緒だぜ。
(仝_仝:)(ふっと笑って)そうだよな。(キラッ

爆イケ。

ファン歓喜、珠玉の名言をいただきました。
尊いね。感謝だね。

選ぶ前に飛べは井ノ原くん作詞作曲。
ラップは剛くんかっこいいね。似合う。
坂長がタンバリン叩いてるのすごく好き。
ノリノリですっごいかわいい。

井ノ原くんと岡田くんのパート「途切れ途切れ」で
やたらノリノリでキメ顔しながら
タンバリン叩いてぴょんぴょんしてる
長野くんがちょっとうける。
いつもちょっと笑っちゃってごめんね。好きだよ。

I don’t forgiveこれは音源が手元にないので
ここ以外でしっかり聴いたことはないんですが
トニセンの大人かっこいい感じと
カミセンのラップの若かっこいい感じが
いい感じに混ざり合ってる感じがして好きです。
感じ感じって日本語へたくそかよ。

Our Placeも音源持ってないんですが
ほんのりかわいい感じで大好きです〜。
なんっかどっかで聴いたことあるんだよなあ。

あら准ちゃん靴でソファ乗っちゃだめよ。お行儀悪いわよ。
あーこら健ちゃん!靴でソファに立ち上がっちゃだめ!
あっえっ薔薇!薔薇!!薔薇!!!

て感じ。笑
当たり前のようにソファ踏んのぼってく健くんには
ちょっと笑ってしまうけれども、
薔薇なんか投げられて手元に届いたら失神するよね。

トニセンw

さっきのカミセンが薔薇ひとり1本に対して
トニセン2本も持ってんのにまったくときめかない(爆笑)
褒めてますよ。トニセンのこういうところほんとに好きです。
大好き。最高。
オレキミ歌詞と曲調のギャップが激しくて愛おしいし。

ぶっ倒れて固まってしまった井ノ原くんに対して
坂本くんは寝転び頬杖ついてカメラ目線。
ゆらゆらなんかしちゃって超あざとい
なんだあれは。
あれほんとに坂本くん???(若干失礼ごめんなさい)

(´ε`)みんな一緒にぃっ
瀕死みたいな声出す井ノ原くんもかわいいよ。

反対側でカミセンもオレキミダンスしてるけど、
なんかどことなく違うような、
でもってなんかトニセンよりかわいい。

赤い羽が降り注ぐのはいいんだけど、
長野くんの頭にくっついてひらひらしてて笑ってしまうw

最後の長野くんソロ「今じゃなきゃ~」で
メンバーに薔薇をわさわさとお顔に押しつけられて
きゃー(≧∇≦)って感じで嬉しそうな?長野くんの後ろから、
坂本くんがそっと羽取ってあげるんですよ…!!!
この部分だけでもぎゃあああって幸せになっちゃう、
ここの坂長が好きすぎてもう、すいません、病気です。

そのあとまた吹き出したひらひらが頭にのっちゃう長野くん
髪ふわふわさせてるからひっかかりやすいのかな???
今度は結構みんなの髪にもついちゃってるけど。

nostalgieの千手観音みたいな振り付け、
中心が長野くんなのは仏に近い存在だから?(違うと思う)

VOLTAGEの演出は必見だと思うしすごく好き。
ゴムみたいなびよんびよんするロープの檻みたいなやつ。
斬新。よく考えたな!って感じがします。

ロープを荒々しく掴んで引き伸ばしたり抱きしめるようしたり、
身体をくねらせたりぐっと身を乗り出す攻撃的な感じ、
激しく揺れるロープの中で仁王立ちしたり、
ぎゅっと絞られるように狭まっていく中に閉じ込められたり、
とにかく強めにエロティックですっごくセクシー。
どことなくポールダンスに似た雰囲気を感じたり。
言葉ではうまく言えないのでとにかく見てくれ
まじで。全人類に見てほしい。

「僕と二人で」で顎を上げて見下ろすような剛くんが
ほんとにただ仁王立ちしてるだけなのに
狂気的なくらい攻撃的ですごくエロいんです、、、
逆らえない感、逃げられない感がものすごくて。
Get Naked的な直視するのが恥ずかしいほどの
ドストレートなエロさではないんだけど、
雰囲気はどことなく近いものがあるかもしれない。

2番から檻を飛び出して映像とコラボしたダンスに変わって、
またこれがすごいんだわ。
2008年でこんなこと出来んの???


もしかすると2008年の技術力舐めすぎなのかもしれないけど、
すっげー最新鋭でチャレンジングだなと。
非常に頭の悪い感想で恐縮ですが。

技術自体も超すごいけど、ほんの一瞬の乱れですら
全体を壊してしまいかねない演出に
ぴったり完璧に合わせてるメンバーもものすごいなと思う。
これはこの時点に限った話じゃないけど。

咄嗟のフォーメーションチェンジとかはメンバー同士でだったり
その場でスタッフが関わる演出、例えば光の動きとかなら
アイコンタクトとか空気感で“息を合わせる”ことが出来るけど、
あらかじめ決まった動きしかしない、
パフォーマンスする側の都合では動かしようのない
「映像」というものに自分たちが常に100%合わせるのとかって
すごい集中力要るんだろうなっていつも思う。余談ですが。

これ今だったらスタッフ少しは楽にやれてたんだろうなー。
岡田くんの未来的な発想力すごい。

続いて坂本くんの情熱的なタップ。素敵。
一心不乱にタップを踏む姿、板についててかっこいい。
美脚が楽しめます。足なげー。

disc1の最後を飾るのは蝶。
アダルトな世界観とフラメンコのギターの曲調、
強めに入ったシンセが効いて艶っぽくかっこいい。
ダンスがとにかく美しく、時にあでやかで色っぽい。
色気が香るって感じ。
このコンサートで一番ダンス好きかもしれないな。
蝶のMV入ってるやつ買おうかな。

特にサビ終わり~間奏のダンスがかっこよすぎて鼻血出そう。
トニセンパート「優しい〜蜜がある」のカミセンのダンスが
非常にえろくてよいです。坂本くんの表情もすごくいいし。
セクシーが止まんないー。息は止まりそうだけどー。

disc2に続く。