幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんで現実的にゆるーくV6ファン活動をする人のブログ

「大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている」らしいけどわかるようなわからないような気がした話

らしいです。

みなさんはいかがでしょうか。

 

誰にも聞かれてないのを無視して、わたしはと言いますと、

わかる気はするけど、どーなんだろ、わかんない気もするなあ、

という感じでした。

 

13歳とか14歳とかというと、中学生。

うわあ、約10年前。

現実から目をそらしたくなるけれども、振り返ってみます。

 

さて、わたしの中学校では給食の時間になんか、

いろいろ曲が流れていました。

オムニバス的な感じの、当時の流行りなんだかなんだか、

それもいくつかパターンがあって、

その日の担当の放送委員が選んだパターンが流れていた。確か。

 

当時はどんどんテレビを見なくなっていった頃だったし

元々芸能界音楽界にはかーーーなり興味薄かったから、

流れてる曲が流行りなんだかどうだかよくわかんないし、

誰のなんて曲かも知らないようなのばっかりだったけど、

とりあえずお昼の放送は音楽の情報源にはなっていた。

ほぼいつも同じとはいえ。

あとは体育祭で流される曲くらいかな、情報源は。

 

わかる範囲で覚えてるのは、

Aqua Times、EXILE、大塚愛さん、ORANGERANGE、

ケツメイシ、GReeeeN、倖田來未さん、BUMP OF CHICKEN、

FUNKY MONKEY BABYS、ポルノグラフィティ、

Mr.Children、YUIさん、レミオロメン、あたり、だったかな、

もっといろいろほかあったけど覚えてないな。

とりあえず覚えてないくらいだから、

そんなに好きじゃなかったのよ。

覚えてるものもあーあの頃思い出すわ~懐かしい~って

思いはするけど好きじゃないのいっぱいあるし。

 

当時流行ってた(気がする)曲調は、

当時のわたしの好みではなかったし、

今聴いてみてもやっぱり好みじゃないものが多い。 

あ、こういうのも好みの形成の一部ではあるのか。そうか。うん。

 

アイドル系では嵐のONE LOVEはあった記憶があるけど、

ほかあったかなあ、あっTOKIOの宙船はあったな、

でも少なくとも、間違いなく、V6は1曲もなかった。

 

影響なかったかっていうとそうでもなくて、Aqua Times、

GReeeeN、ポルノグラフィティは高校まではわりと好きだった。

でも今は聴いても刺さらなくなった。(ファンの方ごめんなさい…)

GReeeeNは今でもたまに聴くけど、

好きなのは『今から親指が消える手品しまーす。』までだな、

これ完全に余談だけど。なんの話だっけ。

 

そう、まあまったく影響は無!ってわけではない。

GReeeeNがなんで好きだったかっていうと

応援ソング的な励まされる曲、元気が出る曲、

等身大な曲が多かったからで、今でもそういう曲が好きだし、

ハイトーンボイスフェチに目覚めたのもnaviくんきっかけだし、

そう考えるとわたし個人としては

15~19歳あたりに聴いてた音楽の影響の方が強いのでは、

と思ったり。

 

あとそもそもわたしがV6とその他ジャニーズの

男性アイドルソングにハマった一番大きなきっかけは、

ものすごい端折るけど幼少期によく聴いたり聴かされたりしてた

MUSIC FOR THE PEOPLEとかTAKE ME HIGHERとか

A・RA・SHIとかにものすごい懐かしみを感じたことだったから、

幼少期に触れていた音楽の方により影響を受けてる気が、

わたしは、します。わたしは、ね。

 

多分、ちょうど13、4の時に音楽に関心をもって触れる

育ち方しなかったからって話なんだろうけど…

 

なんかなにが言いたかったかわかんなくなったけどまあよいです。

終わります。

 

誰も気にしてないだろうけど急にここの更新途絶えたり

雑になったりしてるのは飽きたからじゃないよ。

ちょっと忙しくなったのと、

戸惑いの惑星から帰れなくなったからだよ。(まだ言う)

今日は滝沢歌舞伎の当落だから余計気もそぞろ。