幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんで現実的にゆるーくV6ファン活動をする人のブログ

ちょっと長野くんが夢に出てきてめっちゃかっこよかったから聞いてくれ

ちょっとすごい夢を見たんだ聞いてくれ。
いや気持ち悪くなりそうだから聞かなくていいんですけど(笑)
忘れる前に今朝の夢の話をどうしても書いておきたいんだ。


今朝見た夢の話です。
妄想ではありませんが妄想系苦手な方はご注意くださいませ。

まずわたしはV6のコンサートに一瞬行っていた。
全員かっこよかった。当たり前。

なんの曲か忘れたけど多分本気がいっぱいかな。
2階席だったんだけどメンバー走り回ってて、
全員目の前を通ってわたしに必ず目線をくれた。
もう忘れちゃったけどファンサだってしてくれたぜ。
長野くんなんかお顔近づけながら見つめてにこってしてくれた。

超かっこよかった。

死ぬかと思った

メンバーのビジュアルは昨日観てたVIBESコンの頃ので
ステージ構成も同じ感じ。

場面は切り替わってすごく広いんだけど
すっきりしたオフィスみたいなとこ。
スーツの長野くんについて仕事教わってた。
長野くんは営業っぽい職業の会社員になってて、
わたしは長野くんだけ担当の事務っていうか
新人アシスタント的なものになってた。

一緒に出かけて帰ってきたみたいな感じだった。
んで退勤前にやることっぽいのをいろいろ教えてくれた。
やることなくなってぼさっとしてたら(自分の無能感)
長野くんに「ちょっと待ってて」って言われて、
またこの言い方がめっちゃ優しくてやばかった。

マンガにモブキャラでいそうな太ったバーコード頭に丸メガネの
おじさん上司っぽい人にお土産を渡す長野くんを眺めてた。
長野くんが「じゃあ帰ろうか」って言った次の瞬間
わたしは長野くんが運転する車の助手席に座っていた

お外真っ暗。夜のドライブとか憧れすぎはげる。
景色は地元の田舎くさい感じだったけどな
長野くんなのにご飯には行かなかった。
それはちょっと謎。直帰。
着いたのは長野くんの家だったっぽいけど、
目覚めてみるとあれはどう考えても
建て替える前のくっそボロいわたしの家の居間だった

長野くんはどっかに行って、何故か電気もつけないで
そこらに落ちてたジェラピケ風のパジャマと
けばい色のしましまのモコモコソックスを無心で畳むわたし。
なんかお餅みたいなお菓子が置いてあったからつまみ食いした。
おい。

畳み終わったらまた車乗ってて、
ちょっとなんか話してたと思うんだけど
長野くんが謎の悪そうな男たちと繁華街みたいなとこに行った
あたりから「わたし」という存在はなくなった。は?

とりあえず長野くんと一緒に行動する「わたし」はいなくなって、
長野くんの行動を俯瞰してるみたいな感じになったんだよ。
うん。

そしたら仲間の悪そうな男たちが
そこらに立て掛けてあったロードバイクみたいなチャリパクって
長野くんにもなんか悪いことさせようとするんだけど、
長野くんはなぜかそのチャリを奪って爆走。
ありえないスピードで暴走した挙句、
近くに止まってた車に乗りあげたり壁走ったりやりたい放題。

かっこよかった。

アクションスターかよ。
岡田くんでもやんねーわみたいなことしてた。
ハードラックヒーローとかで運転してる時の顔してた。

夢はそこで終わってしまった。
ああ、夢と知りせば覚めざらましを。
超かっこよかった。
全体的に頭おかしげだったけど。

あ、それだけです。
現場からは以上です。

 

作業BGM:Hard Luck Heroと岡田ソロ・V6ver.ユメニアイニ。