幸せがそこにあること

幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんで現実的にゆるーくV6ファン活動をする人のブログ

完・すべてはここから始まった。MUSIC FOR THE PEOPLEの話

しつこいですがMUSIC FOR THE PEOPLEの話の続き。
前回の記事はこちら
始めから読まれる方はこちら

今日はダンスについて思うことを少し。
MVに関してはTVで紹介される時なんかの断片的なやつでしか
おそらく見たことがないんですが、
サビの岡田くんがいつも気になって見てしまいます。
危なげなダンスに、表情もどことなく不安げというか…。
きっと必死だったんだろうなとか思えてきて、
すごく可愛らしいな、とTVなんかで見かけるたびに思います。
いったい誰目線なんだろう。

偉そうでごめんよ准ちゃん…

最近はロングバージョン?での披露がないようで
VIBESコンで観た時ちょっとびっくりした思い出があります。
こんな振付あるんだ、って。
クロバットやってるのもわたしとしては新鮮でした。
過去のものを観て新鮮っていうのもちょっと変な話だけど。

VIBESコンでの話になるけど、
間奏以後の振付ちょーかっこいいなと思ってます。
特に最後の「Music For The People Dancin'♪」で
右腕をぐるっと回して前に差し出すところ。
撃ってくれ。って思う。
あれもし正面のアングルで長野くん抜かれてたら
わたしは死亡したんじゃないかと。即死。
しかしあのシーンを斜めからではあっても6人全員を映し、
かつ長野くんをもっとも見やすいアングルを採用してくれた
カメラさんと編集の方本当にありがとう。
あと直後の「この手に」で、また長野くんなんですけど、
手を首元から体に沿わせてすっと払うような所作がなんか、
すごくセクシー。
ほんとに一瞬なんですけど。語彙。伝われ。

ただそれだけの話。

広告を非表示にする