幸せがそこにあること

幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんで現実的にゆるーくV6ファン活動をする人のブログ

続・すべてはここから始まった。MUSIC FOR THE PEOPLEの話

MUSIC FOR THE PEOPLEのお話の続きです。
前回の記事はこちら

わたしが知っている限りのごく少ない情報のなかで、
もしかすると見落としがあるかもしれないけれども、
メンバーがMFTPに言及したのは3回しかなかった。

1つ目はSUPER Very best初回A盤の合宿企画内ミッションで
井ノ原くんがこの曲を1番好きな曲として挙げる場面。
曰く、何度も歌うなかで「もういいか」と思ってしまっても、
どんなにアレンジを変えてみようと試行錯誤しようとも、
やっぱりどうしてもデビュー曲の一番最初のアレンジ、
強さには適わないと思った、と。

2つ目はB盤のコンサート打ち合わせミッション。
オープニング曲をどうするかの話で剛くんが
「20周年だから最新曲か
デビュー曲がわかりやすいんじゃないか」
と提案しています。

フォエバコンB盤特典のコメンタリーでは、
20年前の曲だよ、振りも変わってないってすごいよね、
ステージングとか技術とかは変わったけどね、
これ今までで何回歌ったんだろうね、と笑いあうなか、
健くんが「あんまり古臭い感じしない気がするな」と言います。
ここ、井ノ原くんが急に手巻きを始めるまで
6人とも食い入るように画面を観ていたのが印象的でした。
いろんな思いが6人の脳裡を過ぎっているような気がして。*1

それから、コンサートで印象深いのはやはりフォエバコン。
しっとりしたピアノver.Wait for youを短くとどめ、
MFTPで一気にボルテージを最高潮までぶち上げる、
あのOPの見事さ。
あの場にいたら鳥肌が立ったんじゃないかといつも思います。

こういうのを見ていると、
井ノ原くん以外が思い入れのある曲に別の曲を選び、
そこまで頻繁に語ることはなくても、
MFTPってやっぱり特別なんだろうな、と思います。
メンバーにとっても、ファンにとっても。

すごく感覚的でわかりにくいことを言いますが、
メンバーにはそれぞれデビューが決まった喜びに勝るほどの
葛藤や苦悩、思いがあっただろうからこそ、
始めからMFTPにはそういったいろんなものがのっていて、
それからさらに20年(今では22年)積み上げた思いが
のっているのだろうなと思うのです。
だから個人的な思い入れを超えていろんな思いを感じるし、
なにか圧倒的に他の曲とは違う魅力、パワーがあって、
特に語らずとも「特別」な存在としてあるのかなと。

デビュー曲だから。と言ってしまえばそれまでで、
当たり前と言えば当たり前なんですが。

わたしは、音楽番組で披露されるたび
「若々しくてカッコイイ曲だな」と思います。
それは「こんな曲がデビュー曲って、若かったなーあの頃は」、
というような意味ではなく。
年齢によって感じさせる魅力は変わっていくけれども、
いつでも輝き続けてくれているという意味において
V6の不変の若さを感じる曲な気がします。
情熱的というかエネルギッシュというか、な感じで。


きっとこれからもっともっと年を重ねていっても、
決して無理した若作り感が出たりすることなく、
「若い時だからこういうの歌えたんだよね~」
みたいなことにもならず、
MFTPはいつ何時でも変わらず若くてかっこいいのだろうな、
と思うのであります。

それから井ノ原くんが「意味が深い」と評した、
あんなにイケメンな詞(※個人の印象です)を
今のわたしと同い年くらいの男の人と10代の男の子たちが
歌っていたという事実すらなんだかもうかっこよすぎて。
これはかなり語弊があるかもしれませんが、
MFTPはアイドルグループのデビュー曲でありながら、
アイドルらしい若さゆえのキラキラ感、フレッシュ感、
というようなものとは無縁な感じがしています。
いや、若いんですよ。若いけれども。
なんて言えばいいんだろう。
「夢に向かって・希望いっぱいの未来を目指そう☆キラッ☆」
みたいな感じじゃないっていうか…
止めますか。この話。ゴールが見えない(笑)

20年以上歌い続けてきた今のMFTPしか知らないせいもあって
大人な歌に聞こえてしまうというのもあるんですけど。
大人っぽいな、男らしいな、とはいつも感じます。
男らしいという言葉はあまり好きではないのですけれども。

そんなデビュー曲だからこそ、V6という存在は
デビューから20年以上経った今でも若々しく思えるのかな、
とか思ったり。
MUSIC FOR THE PEOPLEはこの先もずっと色褪せず、
その時々ならではのV6のカッコ良さを魅せてくれる、
魔法みたいな曲なのかなあと思っています。
抽象的。うまく言えてない気がすごいする。
しかもなんかダサいまとめになってしまった…。

続きはこちら

*1:まだ始まったばかりだったから集中出来てただけかもしれないけど。笑

広告を非表示にする